高麗人参は授乳中は基本的にとらないほうがいい

画像

高麗人参は授乳中は基本的にとらないほうがいい

高麗人参

 皆さんは、高麗人参をご存知ですか。日本ではあまり食べなれないものですが、その主な生産地である韓国では、当たり前のように健康食品として取り入れられています。古くから万能薬として親しまれてきているので、多くの方がその健康効果を実感されています。日本でも最近サプリメントが登場し、CMで宣伝されているのを見かけます。そんなに体にいいものは、妊娠中や出産したお母さんに体力を取り戻してもらうために飲ませたいと考える方もなかにはいるでしょう。

 しかしながら、国立健康・栄養研究所にあるデータベースによると、「妊娠中・授乳中および小児に対する安全性については信頼できるデータがないので使用を避けること。また、出血時、血栓症患者、高血圧の人には禁忌とされている。」とあります。

 なぜ授乳中や妊娠中の人がだめかというと、その効能についてまだきちんと解明されていない部分もあるので、一般的には子供への影響を考えて、万全を期して摂取するのを避けるようにすすめられているのです。

 妊娠中の女性の体は変化に敏感になっているので、あまり食べなれていないものを過剰に摂取しないほうがいいようです。また、一説には母乳の出を悪くするとも言われているそうです。

 しかし、一方では中国や韓国では古くから現代まで、妊娠中に積極的に摂取する習慣が残っているようです。というのは、含まれるものは天然成分高麗人参は薬では無いため、医薬品のような副作用の危険性がないと考えられているためです。このため妊娠中に服用しても特に問題はなく、むしろ、積極的に高麗人参を取り入れるべきだと考えているのです。その摂取するメリットは、血液の巡りをよくする働きがあるので、血液を通してお腹の胎児に酸素や栄養素を送ることができるということです。

 また、妊娠中の女性に多い貧血を予防・改善する効果も期待できるそうなのです。どちらが正しいのでしょうか。高麗人参とはそもそも、とてもたくさんの栄養素を含んでいます。たくさんの栄養素があるということは、それだけたくさんの影響を人体にもたらしてくれます。そのなかには、悪い影響もあるし、良い影響もあります。良い影響だけを受けたいものですが、現段階ではそれは不明なのです。どうしても摂取したいという方は、まずは赤ちゃんのことを考えてかかりつけのお医者さんに相談することをおすすめします。

 自分だけの軽はずみな判断で大変なことにならないように万全を期しましょう。

Contents

Favorite

  • 高麗美人
  • 高麗のめぐみ
  • 美健知箋ポリフェノール
    ・生姜・高麗人参
  • 七宝人参
  • マカ高麗人参サプリセット
文字を大きくする 文字を標準サイズに 文字を小さくする

Copyright© 2010 Asian Ginseng Maniacs All Rights Reserved.