絶滅に瀕したこともある高い薬用価値

健康に良い高麗人参の原産地とは

高麗人参

 高麗人参は漢方薬として健康のためにお茶、サプリメント、お酒などにされて飲まれています。また粉末にされているものも販売されており、そちらを使用すればクッキーやゼリーなどのスイーツとしてもいただくことができ、非常に取り入れやすくなってきました。
  高麗人参の効能としては様々なものがあり、例えば貧血や低血圧、血栓、動脈硬化などの改善目的や予防にとても良いです。また血液の循環をよくするので頭痛や肩こり、冷え性も改善されて血液の流れがよくなります。この人参には別名が数百もあると言われています。
 花はち小さくて可憐ですし、葉の数や大きさを見ることでこの人参が何年ものなのかということを知ることができます。そしてこの人参は普通の人参と比べると独特の見た目をしていますが、この形が人間の形に似ていれば似ているほど商品価値が高いとされています。
 また昔から不老長寿の薬と言われており、有効成分が相乗効果を出すことで全身的に良い効果があらわれます。私は喘息ですが、この人参は呼吸器疾患系の病気にも効果が出やすいですし、落ちぎみの免疫力のアップにもつながるのでとても重宝しています。
 お茶も粉末タイプの他にティーバッグタイプもあるので使いやすいです。そしてそんな人参の原産地はというと、日本のお隣の国である朝鮮半島や中国のあたりではないかと言われています。
 日本へ渡った時はお礼の品であったり、交易品としてでありました。そして江戸時代に時の将軍が高麗人参の栽培を積極的に始め、栽培は成功したのです。植えてから収穫までは約4年ほどかかります。
 中には6年ものもありますので、昔は高価であったというのも理解できます。現在は昔に比べると手に入れやすくなってきましたし、飲んだり食べたりしやすいように工夫がされています。
 薬効は野生のほうが強いですが、野性ものは採取がとても難しく、産地のほうで販売されていることがほとんどです。高麗人参が栽培されて4年目に初めて花が咲き、赤い実がなりますが、この赤い実もとても健康に良いのです。
 自律神経のバランスを調整するので夜はぐっすりと眠ることができるようになり、朝の目覚めもすっきりしていて昼は元気に活動することができるようになります。また脳の活動も強化するので記憶力が良くなります。また鎮痛や解熱作用も期待できます。
 さらに血液をさらさらにして血を造り、血行もよくするので貧血の改善にもつながります。代謝もよくなるのでダイエット効果まであります。この人参は体に良いスーパー人参なのです。 高麗人参製品の選ぶポイントについても興味深いです。

Menu